アイピル

アイピル

アイピルとは、緊急避妊薬(モーニングアフターピル)「ノルレボ」のジェネリック医薬品です。
緊急避妊薬は「モーニングアフターピル」とも呼ばれており、コンドームが敗れたときなど、避妊に失敗した場合や、 望まない性交などにより妊娠の不安がある場合など、計画外の妊娠を防ぐためのお薬です。

有効成分レボノルゲストレルが、受精と着床の抑制を行い、予期せぬ妊娠を阻止します。

国内の婦人科でも処方してもらえますが、その場合1錠1万円程度と高額であるため、 安価な個人輸入サイトで購入しておくことをおすすめします。

ただし、個人輸入サイトでアイピルをはじめとする緊急避妊薬を購入する場合、注文から到着までに10日前後かかるため、 緊急時ではなく、事前に注文しておくことが大切です。

アイピルの使い方

アイピルは、避妊失敗の性交後72時間以内に1錠を服用してください。
この際、性交後24時間以内の服用であれば90%、、72時間以内であれば75%の確立で避妊することができます。 できるだけ早く服用することで避妊確率が上がります。

避妊失敗の性交後、72時間を経過してしまうと、アイピルを服用しても避妊はできません。

アイピルの避妊確率は高いものですが、必ず避妊できるというわけではありません。
アイピル服用後は、避妊が成功したか、妊娠検査を受けましょう。

アイピルの副作用

アイピルの副作用として、吐き気、下腹部の痛み、頭痛、胸部の違和感、倦怠感、不正子宮出血が現れる場合があります。
吐き気を抑える為に食後の服用が望ましいです。

これらアイピルの副作用は出現から1~2日程度で通常収まりますが、長引くようでしたら医師・薬剤師に相談してください。

Reviews -アイピルの口コミ-

お守りにと買っていました。

しかし、使う日が来て、24時間居ないに服用し、1週間後位に生理が来ました。
普段は痛みがないのですが、やはり、妙な痛みがありました。 副作用といった感じで構えるほどではありません。
1週空いて、また生理が来ました。そこから正常に来ます。 持っていればとりあえず安心かなーといった感じです。

避妊効果に関しては問題ありません。

ただ本当に商品名通り緊急時にしか使えないので避妊を目的とするなら 低用量ピルを服用する方が良いと思います。
初めての使用で知識がなかったので・・

服用前に消退出血の時期や期間など1度使用したら生理がくるまでは使えない事など 理解してからの使用をおすすめします。

以前、避妊に失敗したことがあり 生理が来るまでドキドキした経験があるのでお守りのため購入。

今のところ、使用していませんが そういった心配をしなくてもいいように気を付けています。

このページの先頭へ