キウォフハート

フィンペシア

キウォフハートは、タブレット型(錠剤タイプ)のフィラリア予防薬で、ハートガードプラスのジェネリック医薬品です。 既存のフィラリア薬の改善点を調べ研究された薬がこのキウォフハートです。2014年に誕生した新しいお薬です。
犬糸状虫、犬の回虫、鉤虫を予防する効果があります。

タブレット型(錠剤タイプ)のお薬は、服薬を嫌がるわんちゃんが多く、飼い主さんにとって「飲ませづらい」というのが課題でした。
しかしこのキウォフハートは小さいタブレット型(錠剤タイプ)でありながら、食いつきの良いミート味で、 愛犬に投薬しやすいのが特徴です。
キウォフハート1箱につき、錠剤6か月分、投与日を忘れないためのシール、説明書が入っています。 (記載はすべて英語です)。

投与後は、30分程度で効き始め、即効性があるのもキウォフハートの特徴です。

キウォフハートの投与方法

キウォフハートは、蚊の発生する期間中、1か月に1回投与してください。
投与後数分間はペットの様子を観察し、規定量を飲み込んでいるか、薬を吐いていないかを確認しましょう。

飲み残しがあった場合、フィラリアを完全に予防できない場合があります。
必ず飲み残しのないよう、気を付けてください。

キウォフ・ハートは、口の中で溶けやすいミート味タイプであるため、愛犬のごはんに混ぜて与えても、比較的食いつき良く、 投与しやすいお薬となっています。

キウォフハートの注意点

必ずフィラリア感染症がないことを確認してから、キウォフハートを使ってください。

キウォフハートは、大型犬用(23kg-45kg)、中型犬用(12-22kg)、小型犬用(11kg以下)の3規格があります。
体重を目安に愛犬のサイズに合わせて、適切な規格のお薬を選びましょう。

前回の投薬から1か月以上間隔があくと、効果が減少する場合があるため、1か月に1度、または毎月決まった日付に 投与するようにしてください。
1ヶ月以上間隔を開けてしまった場合は、フィラリア感染の検査を行ってから、再度投薬を始めましょう。

キウォフハートの口コミ

錠剤の薬と違い、ラムネみたいな感じで、餌に混ぜやすかったです。

うちの子は薬全般、直接おやつ見たいには食べてくれないので、割りやすくって、 ごまかせるのがいいので、こちらの薬は良かったです!

友達から検査だけ病院でやって薬はネットが安いと聞き、そのとおりにしました。

フィラリア薬だけでも沢山あるので、初心者は迷いましたが、高品質ということで、こちらにしました。

薬が大きい感じがしたので割って餌に混ぜたら、残すことなく食べてくれました。
体調も悪くなっていないようですし、良かったです。

オヤツタイプでも、なかなか食べてくれないウチの子でしたが 今回は餌に混ぜて、すんなり食べてくれたので助かりました。

気に入ったので、しばらくこれにしようと思います。

このページの先頭へ