ジェネリックとは

医薬品

そもそも「ジェネリック」とは、「一般的な」という意味の英語です。
ジェネリック医薬品は、一般的に広く利用され、安全が確認された医薬品のことをさします。

ではジェネリック医薬品について解説しましょう。
まず医薬品には、主成分に対する『物質特許』と勃起不全治療の『用途特許』の2つがあります。

これらの特許権存続期間を満了すると、それ以降はどこの製薬会社でも「生物学的同等性」と、 長期保存試験や加速試験などで「薬剤の安定性」を証明し、しかるべき手続きを経て製造販売承認を得られれば、 「ジェネリック医薬品」発売を開始できます。

世界

日本では、医療費が国家予算の中で膨らみ続けている昨今、 ジェネリック医薬品の利用によって医療費削減の効果があると期待されており、使用を推進しています。

アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツなどの医療先進国でのジェネリック普及率は60%以上、 中には80%以上の国もあり、世界基準で、もうジェネリックは一般的なものとなっています。

これらの国は、日本よりも前から医療費の節減が課題となっていたため、ジェネリック医薬品が多く普及しているのです。

個人輸入サイトのしくみ

個人輸入

ジェネリックは「後発医薬品」とも呼ばれ、その前に開発された正規医薬品を「先発医薬品」または「新薬」とも呼びます。 この「新薬」の開発には巨額の研究費と、数年から数十年という長い時間がかかるため、大手製薬会社しか新薬の開発を行うことはできません。コストがかかるため、新薬の値段を下げることは難しいのです。

しかしこの新薬も約20年程度で、特許が切れます。

そうなると、他の製薬会社が、この20年間のあいだに充分一般的に使用され、 安全性の確立された有効成分のみを使い、ジェネリック医薬品を開発することができます。 このジェネリック医薬品の研究開発は、短い期間と、少ないコストでできるため、ジェネリック医薬品は正規の新薬に比べ、安価に販売することができるのです。

ジェネリック医薬品は、こうした理由によって、新薬と同等の効果を持ちながら、安価に購入することができるのです。

このページの先頭へ